×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
HOME»  採寸(寸法の測り方)

採寸(寸法の測り方)

採寸の流れは、巾丈→フック選び→枚数確認の簡単ステップです。

1.カーテンの巾と丈サイズを測ります

まずは巾(横幅の長さ)から測ります

まずは巾(横幅の長さ)から測ります
まずは巾(横幅の長さ)から測ります

カーテンの巾の測り方は機能性レールと装飾レールで若干違います。
機能性レール(一般的なカーテンレール)はカーテンレールの両端のランナー止金具の長さで、装飾レールは、レールの両端からではなく、ブラケット(取付金具)の両端付け根の間の長さを測ります。
また、測ったカーテンレールの長さに5%のゆとり巾を加えてください。
例えば180cm(レールの長さ)×1.05(カーテンのゆとり分)=189cmここがポイントです!

!ポイント

必ずカーテンレールのランナー両端が基本で、装飾レールは取付金具の根本の長さを測る。
カーテンの巾は測ったレールの長さに対して5%のゆとりを加える。

次に丈(縦横の長さ)を測ります

次に丈(縦横の長さ)を測ります
いわゆる一般的な窓です。
丈(高さ)は上部ランナーの穴の下から窓枠下15~20cmまでを計測します。
!ポイント

カーテン丈は窓枠下から15~20cm長くする

次に丈(縦横の長さ)を測ります
床まで伸びている窓です。(窓と床の間に壁が10cm前後あっても、床までの計測がベターです)
丈(高さ)は上部ランナーの穴の下からより1cm~2cm程度短くした長さを丈(高さ)とします。ドレープとの併用の場合はドレープ丈より1cm短くするのが適切です。
!ポイント

掃きだし窓の丈はランナーから床までが基本
ドレープなしは床から1~2cm短く
ドレープありはドレープ丈から1cm短く

出窓
出窓のレースカーテンレール巾は、レールが曲がっていたりしますので、やわらかいメジャーなどを使うと長さを測りやすいです。

壁から外に出ている窓です。丈(高さ)は上部ランナーの穴の下から窓枠より15~20cm(お好み)までを計測します。

出窓にレールがある場合のレースカーテン巾は、レールが曲がっていても、しっかりと長さを測ってください。
丈は底より1cm短くしてください。

!ポイント

丈は窓枠よりも15~20cm長くする(お好み)
出窓のレースカーテンは底より1cm短く

2.カーテンのフック選び

※カーテンにフックにはAタイプとBタイプがあります。下の絵はカーテンレールのパターンです。
AタイプかBタイプのどちらかをお選びください。

カーテンのフック選び

Aフック 天付け
Bフック 正面付け

カーテンのフック選び

3.カーテンの枚数について

1本のレールの全巾に対して、両開きなら2枚とするため全巾を2で割った長さ、片開きは全巾を1枚として指定をお願いします。

<例>
1本のカーテンレールの巾が2.5m(250cm)あった場合、両開きは250cm÷2枚ですので、125cmを2枚でご注文です。
片開きは250cmで1枚のため、250cmを1枚、というご注文になります。

カーテンの枚数について